アレフの取り組み・農業

食の安全・安心は食材からと考えて1988年、北海道北広島市に実験農場を開設しました。ここで農業の実際を学び、技術を研究して、農薬の使用を極力抑える「アレフ栽培基準」を策定しました。

ふゆみずたんぼ

「ふゆみずたんぼ」は、冬のあいだも田んぼに水を張り続けることで生態系を復活させ、その力で稲を育てます。生態系が元気でバランスよく活動していれば、雑草の繁茂も、特定の昆虫の大量発生も自然に抑制されます。空気中の窒素の固定も盛んに行われます。それにより、「ふゆみずたんぼ」では農薬も化学肥料も使わずに健康的なお米が収穫できます。また、野鳥など多くの生きものの生命を支える湿地としての機能ももっています。アレフでは2006年からこの「ふゆみずたんぼ」の北海道での適用可能性の実験栽培に着手。北海道で冬の田んぼに水を張ることの困難も経験した上で、北海道に合う形にアレンジし、えこりん村にて実践を続けています。また、「ふゆみずたんぼ」をはじめ、全国のさまざまな事例から学んだ生物多様性保全の考え方をお米の仕入れにも反映させています。

「草地農業(Grassland Farming)」の研究

高給与高生産をひたすらめざしてきた日本の酪農・畜産を見直すため、アレフは1990年、北海道伊達市に牧場を開設しました(現在は協力会社である株式会社牧家)。その後、牧草地での放牧で牛を育てるニュージーランドの「草地農業」との出会いがあり、その技術やノウハウの導入に努めてきました。現在では草地農業の技術による羊の生産の実践(協力会社であるえこりん村株式会社による)を行いながら、冬期積雪のある北海道における草地農業の技術の適用や経済性の研究を続けています。

「創地農業21」の立ち上げ

1996年に農業リーダーの育成を目標とする勉強会「創地農業21」を立ち上げ、「草地農業」を学ぶ「グラスファーミングスクール」や「ふゆみずたんぼ」を学ぶ「食・農・環境セミナー」などを開催してきました。現在アレフはブレーンカンパニーとして「グラスファーミングスクール」の開催等を支援しています。2015年度で第30回を迎えた「グラスファーミングスクール」では、ビギナー・アドバンス各コースに60名ずつの参加者が北海道中川町に集合し、スクール出身者の実践報告、草地づくりについての専門家による講義や実践牧場でのフィールドワーク、グループディスカッションなど多彩なプログラムに取り組みました。

生きもの調査

2006年から「省農薬米」の田んぼで、生産者団体や〈びっくりドンキー〉が主催する生きもの調査が行われています。「省農薬米」の田んぼやその周辺には、カエル、ドジョウ、メダカ、ミジンコなど、一般の田んぼでは見られなくなって久しい多くの生きものがたくさん棲息しています。このことによって、豊かな生態系が守られていることが確認されています。

農業の多面的価値を生かす

農業には食糧生産のほかに国土を守り水資源をつくり、美しい田園景観を形成して地域コミュニティを活性化させ、さらに文化を伝承し、教育の場となる等のさまざまな機能があります。生きもの調査もその一例ですし、こうした面でのアレフの象徴的存在といえるのが北海道恵庭市の「えこりん村」です。ここではさまざまなイベントや展示を企画して多くの方々にご来場いただいています。

おすすめコンテンツ

ロズビー・トモコ ネットショップ

▲ ページトップへ