HOME > アレフの取り組み > 環境 > 環境系イベントへの参加
アレフの取り組み・環境

アレフが環境問題に具体的に取り組みはじめたのは、店舗への生ごみ粉砕乾燥処理機の導入を開始した1997年でした。以来、エコ資材の導入から生物多様性保全の取り組みまで多彩な活動を展開しています。

地域イベント、展示会等への参加

環境問題の解決には広く社会的な連携が必要であり、属する地域の問題の解決に貢献することも企業の役割の一つと考え、地域の環境や農業に関連する様々なイベント等に参加しています。


「フィールデイズ・イン・ジャパン」への協力

フィールデイズ1 フィールデイズ2

ニュージーランドの国民的な農業祭「Fieldays」にならって、農業者と消費者が一緒に楽しみながら農業や環境の未来を考え、新しいあり方を発信していこうというイベントが、「フィールデイズ・イン・ジャパン」です。2004年から毎年北海道当別町で開催され、アレフも後援を続けてきました。

2014年度の「第11回フィールデイズ・イン・ジャパン」は9月20日に開催され、アレフもブースを設置し、ふゆみずたんぼの取り組みを伝える黒米のもみすり体験や放牧酪農の取り組みを伝える草地の生きもの調査体験を開催しました。当日は天候に恵まれる中、フィールデイズの恒例行事である長靴飛ばし大会やネコ車リレー、えこりん村の羊の毛刈りショーなどのイベントが催されました。採れたて野菜の直売や自慢の食材を使用した飲食スペースも軒を並べ、大勢のお客様で賑わいました。

2017年度は9月16〜18日に恵庭市のえこりん村で「第14回フィールデイズ・イン・ジャパン」を開催予定です。2014年以降は当別町と恵庭市えこりん村で交互開催の予定です。


そのほかに参加したイベント(2016年度)

  • エコフェス‘16(北海道:恵庭市/5月15日) 廃食油を回収
  • グリーンウェイブ開催(北海道恵庭市:えこりん村/5月21日 マルハナバチ駆除、5月28・29日 田植え等)
  • グラスファーミングスクール開催、出講(5月24~27日)
  • ごみゼロの日クリーンウォーキング2016に参加(北海道:恵庭市/5月30日)
  • 恵庭市内3小学校 計193名の児童とナタネ総合学習を実施(北海道:恵庭市/6月1日〜)
  • 第25回YOSAKOIソーラン祭り (札幌市内大通他/6月10日〜12日)メインステージ・ワオドリスクエア BDF提供
  • えにわ環境・エネルギー展(北海道恵庭市:ガーデンセンター花の牧場/8月27・28日)
  • 2014 恵庭消費生活展 出展、廃食用油回収 (北海道恵庭市:恵庭市民会館/9月24日)
  • 島松小友愛セール 出展、廃食用油回収(北海道恵庭市:恵庭市立島松小学校/9月24日)
  • 宇都宮もったいないフェア出展(ノーザンミツワ(株)宇都宮東店)支援(宇都宮市/9月25日)
  • 食育の取り組みで札幌国際大学付属幼稚園児70名がびっくりドンキー清田店を訪問(札幌市/10月11日)
  • ごみダイエットの学習で札幌市立西岡南小学校4年生120名がびっくりドンキー西岡店を訪問(札幌市/10月14日)
  • ちとせ消費者まつり2016 出展(北海道:千歳市民文化センター/10月15日)廃食用油回収
  • アレフ北海道工場 ISO50001取得/11月4日)
  • 第36回 さっぽろホワイトイルミネーション(北海道札幌市:大通公園/11月18日〜12月25日)BDF提供
  • 第18回 エコプロダクツ2014(東京都江東区:東京ビッグサイト/12月8日〜12月10日)ブース展示、レストラン運営
  • 環境報告書展(札幌市:札幌駅前地下歩行空間 北1条イベントスペース東/3月10日~14日 )
  • 2016年度 環境報告書展(札幌市:札幌エルプラザ公共4施設 1階 情報センター/3月15日〜3月22日)ブース展示、レストラン運営

取り組みトピックス

食材物語ビール 食材物語生乳 生ごみリサイクル 食材物語 コーヒー ふゆみずタンゴGreenTV放送中 食材物語 特別編 ふゆみずたんぼ

おすすめコンテンツ

ロズビー・トモコ ネットショップ

▲ ページトップへ