HOME > アレフの取り組み > 環境 > 廃食用油の回収
アレフの取り組み・環境

アレフが環境問題に具体的に取り組みはじめたのは、店舗への生ゴミ粉砕乾燥処理機の導入を開始した1997年でした。以来、エコ資材の導入から生物多様性保全の取り組みまで多彩な活動を展開しています。

廃食用油の回収

oil-01.jpg
店頭の回収ボックス

店舗からの廃食用油リサイクルに加え、2007年からは北海道と関東の一部店舗で家庭でから出る廃食用油を回収し、バイオディーゼル燃料(BDF)などにリサイクルしています。
現在、家庭のから出る廃食用油は、固めたり新聞紙等に吸わせたりして捨てられていることがほとんどですが、地域のごみを減らし、資源循環に貢献できることからお客様にも回収にご協力いただいています。
2010年3月には、環境省より総合的にバランスがとれたリサイクルの仕組みであるとの評価をいただき、 「平成21年度食品リサイクル推進環境大臣賞」最優秀賞を受賞しました。

回収店舗は、びっくりドンキー 店舗検索ページにてご確認いただけます。



取り組みトピックス

食材物語ビール 食材物語生乳 生ごみリサイクル 食材物語 コーヒー ふゆみずタンゴGreenTV放送中 食材物語 特別編 ふゆみずたんぼ

おすすめコンテンツ

ロズビー・トモコ ネットショップ

▲ ページトップへ