弊社北海道工場が『北海道HACCP自主衛生管理認証』を取得

ハンバーグパティの製造とステーキ肉の加工に関して弊社北海道工場が『北海道HACCP自主衛生管理認証』を取得いたしました。2015年4月より取り組みを開始し、従業員の教育訓練、使用水や廃棄物の管理などの一般的衛生管理プログラムの徹底、危害防止に重要な工程を連続的かつ継続的に監視・記録を行い、今回の取得につながりました。

HACCPとは世界的に推奨されている食品の衛生管理手法で、国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表されたものです。この手法により弊社独自のハンバーグ・ステーキ肉の品質管理基準に加え、さらに効果的に安全性に問題のある製品を出荷前に発見しやすくなります。

北海道工場を皮切りに、2020年までに全国すべての製造拠点(埼玉、岩手、福島、福岡、沖縄、大垣、大阪)の取得を目指します。認証制度の整っていない自治体の工場は同様の衛生管理方法を実施いたします。

HACCP認証取得後も徹底した衛生管理を継続的に行い、より安全性の高い製品の製造に努めてまいります。


北海道工場

2016.12.19

▲ ページトップへ