HOME > 生ごみリサイクル> 5.農作物へのこだわりに応えます

5.農作物へのこだわりに応えます

堆肥の良し悪しは、それを使って育てる農産物の出来映えを左右します。「農事組合法人 丸和」様では、「太陽を存分に浴び、みずみずしく体にやさしい野菜」づくりにこだわり、自家製の堆肥を使った栽培を実践しています。みずみずしくおいしい大根を育むために、従来の堆肥の品質も長年の経験と研究によって完成されたものです。生産性の面でメリットがあっても、品質が下がるようなら、「ゼロワンダー」から取り出された生ごみ資材を加えてつくった堆肥を使うわけにはいきません。そこで、従来の自家製堆肥と生ごみ資材配合堆肥の成分を比較した結果、両者の間には顕著な差異は認められませんでした。このことからいままでと同じ使用方法でまったく問題がないと判断しています。

種まきから約2週間後

種まきから約2週間後

種まきから約4週間後

種まきから約4週間後


種まきから約3ヶ月後

種まきから約3ヶ月後

収穫時期を迎えた大根

収穫時期を迎えた大根


種まきから約3ヶ月後
「農事組合法人 丸和」杉本徳仁理事と収穫した大根


▲ ページトップへ