品質・食品安全・環境方針

食材の開発・調達基本方針

3つの保証
品質:食材の食味・成分・鮮度を規定して、お客様へ品質を保証する。
安全:お客様に危害を及ぼす恐れのある細菌、農薬、抗生物質、重金属などの因子を徹底的に排除する。
トレース:生産者とお客様の想いをつなぐ食材調達体制を構築する。
3つの貢献
健康:人を良くする「食」を考え、お客様の健康に貢献する。
環境:食材の生産にあたり、土と水と空気を汚さない持続可能な取り組みを進める。
適正化:適正な調達によって、生産性を向上させる。

食品安全方針

株式会社アレフ ハンバーグ加工場(北海道、岩手、福島、埼玉、大垣、大阪、福岡、沖縄MLP)はお客様に保証している食の安全をより確かなものとするために、以下の食品安全方針を定め、実践してまいります。
  • 私たちは、食品安全に繋がる衛生管理を推進し、びっくりドンキーのチルドハンバーグの製造工場として、お客様へ食の安全を提供し、社会に貢献いたします。
  • フードチェーン内(原材料から製造、出荷、流通、消費まで)での食品安全に関する情報や問題点を共有するため工場スタッフ、お取引先、お客様、行政、業界団体等と有効なコミュニケーションを図ってまいります。
  • 私たちは関係法令・規制要求事項及びお客様が求める食品安全要求事項を遵守いたします。
  • 食品安全マネジメントシステムの適切性を維持するため、月ごとの社内専門チーム会議で評価・見直し・改善を継続的に実施いたします。
  • 私たちは、食品安全方針にもとづき判定可能な目標を設定し、見直し、改善を繰り返し安全・安心な製品を追及してまいります。
  • 私たちは食品安全方針を掲示し、全ての従業員に周知いたします。

環境基本方針・行動目標

2003年に環境活動に対する基本方針を示し、目標を定め、達成に向けて推進していくための基本的行動指針を策定しました。3年ごとに目標の見直しをしています。
環境基本方針

私たちは
持続可能な循環型社会に貢献することを目的に
地球環境への負荷の低減のため
全員がその日常における行動を通し
環境を守り、育て、回復させ、
環境と共生する文化の体現者となることを目指します。

環境行動指針と環境行動目標

⇔左右にスクロールしてご覧ください
行動環境指針 2015-2017年度の環境行動目標
エネルギー
気候変動
事業活動に伴う
エネルギーの使用と
温室効果ガスの
排出を低減します。
  • エネルギー使用量の原単位を年平均1%低減
  • 北海道工場でISO50001を取得
  • 改正フロン法に基づく設備の点検管理の実施
水を大切にする
事業活動を
行います。
  • 水使用量の原単位は2014年度水準を維持
  • ライフサイクルでの水使用量(ウォーターフットプリント)の把握
ごみの
発生抑制
3Rを推進し、
廃棄を抑制します。
  • 食品廃棄率のリサイクル率を2017年度までに85%にする
  • 売上あたり食品廃棄率を2017年度までに2013年度5%減
  • 廃棄物全体の資源化率の目標を設定
持続可能な
仕入調達
持続可能な仕入れ
調達を行い、
環境に配慮した
商品を提供します。
  • これまでの仕入れの取り組みの価値を表現できるようにする(例:カーボンフットプリント)
  • 安全性や接続可能性の基準について、生産者と協議し生産性と両立しながら維持していく
教育 従業員全員が
環境について自ら考え、
自ら行動できる
風土にします。
  • 担当者の法令知識教育の実施と受講者の把握
  • 産地訪問等の研修の実施と参加者の把握
地域貢献 お客様、地域と
ともに社会を
良くする活動を
します。
  • お客様と取り組む生物多様性保全プログラムをえこりん村で実施